柳 双葉のサラリーマンを応援するブログ!

日々頑張るサラリーマンの方々に向けて、仕事で役立つ知識や情報をお届けしてます!

ドラスティックとドラマティックは違います。ドラスティックの意味は?日本語で表すと?正しい使用例や誤った使用例もご紹介! 


サラリーマンを応援するブログへようこそ!
管理人の
柳 双葉(やなぎ ふたば)です。
ぜひ最後まで楽しんでいってくださいね♪
ドラスティック

ドラスティックってどういう意味か即答できますか?

あなたは間違った使い方をしていないと断言できますか?

仕事やビジネスの場面でよく耳にするドラスティックという言葉。

雰囲気や話の流れでなんとなく理解することはできているけど、いざ意味を聞かれるとなんて答えていいのか困ってしまうことがあるのでは?

そこで今回は、ウザイけど知って得するビジネス用語「ドラスティック」の意味や使用例などをお話ししていきます♪

目次




ドラスティックの意味


ドラスティックは徹底的な・抜本的な・思い切った・過激なという意味で、物事を根底から覆すほどの大きな変化が起こったときや今までのルールや方針を根本から覆したり、打ち破りたいことを強く主張したい時に使用される言葉です。

例えば、会社が経営体制を大幅に変更する、大規模なリストラを行う、事業内容の変更を行うなど物事を根底から覆す大きな変化のことを指します。

ちょっとした変化などの中途半端な内容のことは指しませんので、この言葉を使用する際には注意が必要です。

ドラスティックの正しい使用例


「この会社の膿を取り除くには、ドラスティックな改革が必要となる」

「このくらいのちょっとした人事異動程度ではドラスティックとは到底言えないな」

「ドラスティックな変化が起こる際、必ず反発する人間が出てくる」

「ドラスティックな変化を望むな。日々の積み重ねこそがなにより大事なことだ」


ドラスティックの誤った使用例


「感動的だ…まさにドラスティックな展開だな!」

それはドラマティック。混同しやすいので注意してください。

「ドラスティック製の製品が台頭し始めてから、日本の伝統産業の多くが衰退していった」

それはプラスチック。混同しやすいので注意してください。

「旦那様が奥様に暴力を!ドラスティック・ヴァイオレンスだわ!」

それはドメスティック。混同しやすいので注意してください。

「次の授業はドラスティックか。あ、失礼。日本では数学と呼ぶんだったね」

それはマスマティックス。混同しやすいので注意してください。

「おい!いくらなんでもやりすぎだぞ!」

「度が過ぎる」…ドガスギッル…ドラスティック…混同しやすいので注意してください。

ドラスティックを日本語で表すと


ドラスティックは日本語では「抜本的」「劇的」と表現されることが多いです。

よって、正しい使用例に当てはめると以下のように置き換えることができます。

「この会社の膿を取り除くには、抜本的な改革が必要となる」

「このくらいのちょっとした人事異動程度では抜本的とは到底言えないな」

「劇的な変化が起こる際、必ず反発する人間が出てくる」

「劇的な変化を望むな。日々の積み重ねこそがなにより大事なことだ」

ドラスティックまとめ


ドラスティックと表現できるような物事に立ち会える機会は人生でもそうあることではありません。

表現としてはかなり過激なものですので、あまり多用するのは避けたほうが良い言葉ですね。

とはいえ、ブラック企業は労働環境や労働条件などをドラスティックに改善する必要があります。

一日も早く、ブラック企業がこの世から無くなる日を望むばかりです。

ところで、ビジネス英語を学びたいけどなかなか時間が取れない!なんてお悩みを抱えてはいませんか?

その悩み、今ネットで話題沸騰中「ボンクラ式英語スピーキング術」が解決してくれます。

「ボンクラ式英語」を時間のないビジネスマンにこそおすすめしたいたった1つの理由

今までに英会話スクールやオンライン英会話で学ぼうとして挫折した苦い経験はありませんか?
時間や場所に縛られて思うように勉強が捗らなかったことは?
そんなあなたにこそ、この「ボンクラ式英語スピーキング術」をおすすめしたいんです。
「ボンクラ式英語スピーキング術」はビジネスシーンに特化した英語を身につけることができる英語教材で
一ヶ月で英語でビジネスができる実感を持つことができる!...


今ならAmazon1位獲得キャンペーン中!チェックはお早めに!

それでは今日はこの辺で。
柳 双葉でした。




twitterでもサラリーマン応援中!
https://twitter.com/futabayanagi

このエントリーをはてなブックマークに追加

ドラスティック 意味 日本語 使用例 使い方 ビジネス用語 ビジネス サラリーマン


おすすめの記事