FC2ブログ

柳 双葉のサラリーマンを応援するブログ!

日々頑張るサラリーマンの方々に向けて、仕事で役立つ知識や情報をお届けしてます!

「ありがとう」の反対の言葉をこの前知ったので自慢げに話してみる 


サラリーマンを応援するブログへようこそ!
管理人の
柳 双葉(やなぎ ふたば)です。
ぜひ最後まで楽しんでいってくださいね♪

ありがとう


人に「ありがとう」と言うよりも

人から「ありがとう」と言われることのほうが好きな

そんな柳 双葉のブログへようこそ。

みなさんは普段からよく「ありがとう」という言葉を使っていますか?

連れてってくれてたまにありがとう

重なってくれて実にありがとう

弾き飛んでくれて今日はありがとう

付き合ってくれてどうもありがとう

うまく誤魔化してくれてどうもありがとう

笑い飛ばしてくれてどうもありがとう


などなど、大小様々なありがとうシチュエーションがあると思います。

ところで、この記事のタイトルにもなっている「ありがとう」の反対の言葉って何だと思いますか?

ごめんなさい?

どういたしまして?

礼なんて言わないからな(キリッ)


残念ながらどれも違います。

答えは、「あたりまえ」

なぜ「あたりまえ」「ありがとう」の対義語なのか?

いまいちピンとこなかった人のために

この前この話を知ったばかりの私が

鼻高々に説明していきましょう。

目次




そもそも「ありがとう」の意味は?


そもそも、「ありがとう」ってどういう意味なんでしょう?

一般的には感謝の意を伝える言葉と知られていますが、なぜその言葉が「ありがとう」なのか。

「ありがとう」はめったにないことを意味する「有難い」から派生してできた言葉とされています。

元々は仏教の教えの一つで、お釈迦様が弟子に

「人間が生を受けるのは、広い大海原に浮かぶ一本の丸太の小さな穴に、盲目で百年に一度しか海面に顔を出さない亀が偶然頭を入れるくらい有難いことだ」

と説いたことが語源であるとされています。

なぜ例え話が丸太にあいた穴と亀の頭だったのかが気にかかるところですが、とにかく人間として生を受けたことはそれくらいあり得ないことなんだから、感謝して人生を過ごしていこうという教えですね。

ありがたや、ありがたや…

なぜ「ありがとう」の反対が「あたりまえ」なのか


じゃあなぜ、「ありがとう」の反対が「あたりまえ」なんでしょうか。

「あたりまえ」という言葉には

わかりきった、言うまでもないこと。当然。

何の変わった所もないこと。普通。

という意味があります。

つまり、めったにないことという意味の「ありがとう」に対しては、当然・普通という意味の「あたりまえ」こそが対義語にあたるというわけですね。

してもらってあたりまえ。

褒めてもらってあたりまえ。

与えてもらってあたりまえ。


確かに感謝の気持ちがみじんも感じられませんよね。

どっかの金持ちのボンクラ息子とかがよく使ってる気がして実に腹立たしいぜ。

みんなもっと「ありがとう」って言おうぜ


この記事を通して私が伝えたいことは

「みんなもっとありがとうって言おうぜ!」ってこと。

「そんな仕事できてあたりまえだろ」

とか

「こんなあたりまえのこともできないのか」

とか

やっぱりなんでも「あたりまえ」って言われると気分が良くないことが多いです。

私は「ありがとう」を言うよりも「ありがとう」と言われるほうが好きですが

「ありがとう」と言ってもらった回数以上に「ありがとう」と言うことを心がけています。

だって、もっと「ありがとう」って言ってほしいからね。

「ありがとう」を贈ったら「ありがとう」が返ってくるからね。

逆に、「ありがとう」を贈らなきゃ、なかなか「ありがとう」はもらえない。

世の中そんな風にできてるんです。

もっと「ありがとう」って家族や仕事仲間に言ってみようぜ!

そして、こんな記事を最後まで読んでくれたあなた

本当にありがとう。

それでは今日はこの辺で。

柳 双葉でした。



twitterでもサラリーマン応援中!
https://twitter.com/futabayanagi

このエントリーをはてなブックマークに追加

Comment

Add your comment