FC2ブログ

柳 双葉のサラリーマンを応援するブログ!

日々頑張るサラリーマンの方々に向けて、仕事で役立つ知識や情報をお届けしてます!

【胸糞注意】ブラック企業にウサギとカメが就職したらこうなりました。 


サラリーマンを応援するブログへようこそ!
管理人の
柳 双葉(やなぎ ふたば)です。
ぜひ最後まで楽しんでいってくださいね♪

usagitokame.png


時は現代社会。

ウサギとカメという二人の有望な新卒が、とある企業に入社をしたそうな。

ウサギは入社式の後の懇親会で

「俺は出世への階段を一段とばしに駆け上がって、同期の中で一番の出世頭になってやる!」

と意気込みを語り、カメは

「コツコツと、自分にできることを積み重ねて会社の役に立っていきたい」

と語ったそうな。

ここから、二人に苛烈な運命が待ち受けているとも知らずにのう…。

目次




ブラック企業とウサギとカメ①


二人が就職したのは、若いうちから管理職になれることを売りに新卒社員を多く募集・採用している企業で、二人を含めて同期の数は50名じゃった。

会社の幹部を務めている社員は新入社員研修の場でこう語りおる。

「我が社はサービス残業を奨励している。人一倍努力するものこそが、人の上に立つのにふさわしいと考えるからだ。努力は必ず報われるのだ」

ウサギはその言葉を信じ、会社のために昼夜問わずに走り続けることを決意した。

カメはその言葉に疑問を感じ、自分のペースを崩さず決して無理をしないことを心に決めた。

こうして同期二人は、奇しくも正反対の考え方を持ったままそれぞれの配属先へと配属されたそうな。

ブラック企業とウサギとカメ②


二人が入社して一年が経ったころ、二人の評価は天と地ほどの差がついていたそうな。

ただがむしゃらに働き続けるウサギの月の残業時間は150時間を優に超え、家にもほとんど帰っておらんかった。

「自分、上を目指してるんで。これぐらい平気っす」

そう語るウサギはすっかりやせ細り、目の下にはびっしりと濃いクマが刻まれておった。

上司からの期待をその身に背負い、身を削りながら振られた仕事を次々とこなしていった。

カメはできるかぎり残業や休日出勤を断っていたため、社内でひどいいじめにあっておった。

ある時は挨拶すら無視をされ、ある時は裏で暴力を振られ、ある時は皆の前で罵声を浴びせられ、トイレ掃除やシュレッダー係といった雑用だけを一日中させられ続け、靴や持ち物を隠されることもあったそうな。

それでも持ち前の硬い甲羅で心を覆い、一所懸命に耐え続けておった。

二人の同期は、すでに20名にまでその数を減らしておった。

ブラック企業とウサギとカメ③


二人が入社して2年の月日が経った頃。

ウサギはついに同期トップで管理職となった。

「おめでとう、ウサギ。これで君も今日からは責任のある立場だ。これからも我が社のために頑張ってくれたまえ」

ウサギは幹部からの言葉に感慨深さを感じた。今までの苦労が実を結んだように思えたからじゃ。

これからは好待遇が自分を待っていると信じて疑わなかった。封印していた大好きな昼寝もこれで思い切り楽しむことができるようになると。

一方カメは、周囲の信頼を徐々にではあるが獲得し始めているのを実感しておった。

辛抱強い性格が功を奏して次第に仕事を任せてもらえるようになってきたからじゃ。

「信頼してくれている皆の為にも、自分にできることを精一杯がんばるぞ!」

カメは頼られることがあまりない人生を送ってきていたので、責任感と使命感に燃え始めたそうな。

二人の同期は10名になっておった。

ブラック企業とウサギとカメ④


二人が入社して三年が過ぎたある日のことじゃった。

ウサギが仕事中に倒れてしもうた。病院の診断結果は重度の過労じゃった。

管理職になった後も、ウサギが思い描いていたような好待遇は訪れんかった。

数字や結果ばかりを求め続けられることの重圧、管理職になってしまったがために重くのしかかる責任、経験の浅い上司に向けられるかつて先輩と呼んでいた部下たちのやっかみ。

ウサギは精神的にも肉体的にも追い詰められておったのじゃった。

「早期の復帰?その必要はないよ。君には期待していたんだがね」

長期の療養が必要となったウサギに、幹部は冷たく言い放ったそうな。

ウサギはその日以来、心が壊れてしもうた。

一方、カメは責任をとらされておった。

任せてもらった仕事は、社長の親族がやらかしたミスの尻ぬぐいじゃった。

ミスをした当人不在のまま、いわれのない罪を責め立てられ続け、あまつさえ賠償問題にまで発展してしもうたそうな。

「こんなことは到底納得できない!」

カメは会社と争う決意をしたが、時すでに遅し。会社ぐるみの隠ぺい工作は完了しており、文字通り手も足も出ない状態じゃったそうな。

それからカメは極度の人間不信に陥り、うつ病を発症してしまったそうな。

ブラック、ブラック。

※どうか皆さんの手でウサギとカメをハッピーエンドに導いてあげてください。※

それでは今日はこの辺で。
柳 双葉でした。



twitterでもサラリーマン応援中!
https://twitter.com/futabayanagi

このエントリーをはてなブックマークに追加

サラリーマン ブラック企業 ハラスメント ブラック

Comment

Add your comment