FC2ブログ

柳 双葉のサラリーマンを応援するブログ!

日々頑張るサラリーマンの方々に向けて、仕事で役立つ知識や情報をお届けしてます!

「転職するなら20代がおすすめ」を30代での転職経験をもとに解説してみた件 


サラリーマンを応援するブログへようこそ!
管理人の
柳 双葉(やなぎ ふたば)です。
ぜひ最後まで楽しんでいってくださいね♪

tennshoku.png


信じられますか?

私もう32歳なんです。。。

なんの話ってそりゃ年齢の話ですよ。

ついこの間まで20代を謳歌していたのに、気づけば30代も3年目。

あっという間でしたねぇ、20代。

あんなことやこんなこと。楽しかったなぁ(遠い目)

現在進行形で20代を楽しんでいる人が実にうらやまs(ry

ところで、職場の先輩や周りにいる人生の先輩たちから

「転職するなら20代のうちにしといたほうがいいぞ」

なんて話をされたことが、社会人をしていたら一度や二度はありますよね。

私はその都度、疑問に感じていました。

なんで30代からじゃ転職は遅いんだろ?って。

どうせ30代になったら

「転職するなら30代のうちにしとけよ」

とか言うんだろって思ってました。

私は、20代で二度の転職を経験し、30代でもすでに一度転職をしています。

30代になってすぐ、上記のような話をやっぱり諸先輩方からされました。

そしていざ30代で転職活動をしてみようと動き出したとき

「え?まじで?」

20代とは決定的になにかが違っていることに気づきました。

今日はそんな、30代からの転職活動で私が気づいたことのお話し。

20代のみんな!若いって素晴らしいぞ!

目次




20代での転職がおすすめな理由①
気力と体力が失われていく


20代の時と30代とで圧倒的に違ったと感じたのは

気力と体力

20代の時は一回仕事をバッサリ辞めてしまってから新しい仕事を探すという無鉄砲な転職活動スタイルだったのですが、30代ともなると在職中に次が決まっていないと気が気ではありません。

なので必然、転職活動は仕事をしながら行うことになるのですが

これがまたきつい。

そもそも今の仕事で多大なストレスを感じてるから転職を考えているのに、さらに輪をかけて転職のストレスが襲ってくるわけです。

20代の頃のハツラツとしたメンタルならいざ知らず、30代のしなびた大根みたいなメンタルでは身が持たないよ。

また、自分でも悲しくなるくらい体力がありません。

仕事が休みの日こそ転職活動のチャンスなのですが、まぁ腰が重い重い。

そうこうしてるうちに日も暮れてきて

「今日はまぁ…もういっかぁ。疲れてるし」

なんて誰に対して言ってるかよくわからない言い訳を自分の中で繰り返してずるずると間延びしていきました。

なんかこう。やる気ってうまくでてくれないよね。

20代での転職がおすすめな理由②
可能性と選択肢が狭くなる


20代。それは大きな可能性を秘めた年代。

その有り余る活力と可能性を持て余しながら数多の選択肢を周りに示してもらえる年頃。

30代。それは急にうっすらと天井が見え始めてくる年代。

限られた選択肢の中で最善の判断をしていかなければならない年頃。

正直、教育する側からしても20代はすいすい吸収していくのでやりやすいんですよ。

何色にも染まりやすいですし。時間もたっぷり用意されてる。

30代を超えると常識のようなものは備わってくるんですけど、癖みたいなのが染みついてしまうんですよね。

よく言えば芯がある。悪く言えば我が強い。

ある程度余裕のある会社っていうのはやはり20代の持つ可能性に惹かれるし、そこに投資を惜しみません。

となると、残るのは人材への投資を渋るようなしょっぱい会社ばかりというわけですね。

これはあくまでも未経験の職種への転職や、スキルやキャリアがほとんどないまま転職する場合の話です。

逆に言うと、30代からの転職はスキルやキャリアを持っていないと待遇の良いところへ就職するのは難しいということですね。

そういう意味でも、30代からの転職は選択肢が限定的になります。

20代での転職がおすすめな理由③
守りに入りはじめる


転職って一つの挑戦ですよね。

新しい世界へ勇気を出して飛び込むって話ですから。

20代は割と抵抗なく新しい世界へ飛び込んでいけるんですよね。まだまだ頭も柔らかいですし。

30代になると、それが急に億劫に感じだしてしまいます。

人間関係とか仕事内容とか、また一からやり直しかーと思うと途端に心にブレーキがかかって、そこにかかる労力と今の現状を秤にかけたりなんかします。

それに、転職ってギャンブルでもあるんですよね。

うまく転職先が決まったとしても、そこが自分に合う環境なのかどうかなんて働きだしてみなければわかりませんし、仮に今の職場よりも辛かったら…なんて考えてしまうともう堂々巡り。

まったく足が前に進まなくなってしまいます。

20代の頃の無鉄砲さが実に懐かしい!

20代での転職がおすすめな理由④
だんだん居心地がよくなってくる


なんだかんだ今の仕事にぶつぶつ言いながらも

仕事をある程度覚えて

周りから信頼してもらえるようになって

慕ってくれる後輩ができたら

そりゃどんどん居心地も良くなってくるってもんですよね。

例え薄給で拘束時間も長くて休みも少ない仕事だとしても、自分の居場所感が出てくるとものすごーく居心地がよく感じてしまうものです。

そもそも気持ちの面では守りに入ろうかとしているところなので、余計に拍車がかかります。

20代の頃は平気で打ち破れてたものが、30代になると途端に破れなくなってしまうんだよなぁ。不思議。

転職するなら早いうちがいいよ!


つらつらと転職の思い出に浸ってみましたが、振り返ってみて思うのは

転職するならなるたけ早いうちがいいよ!

ってこと。

30代よりも20代後半。20代後半よりも20代前半。

そもそも、社会に出る前の右も左もわからない若者たちにこれからの人生の半分以上を捧げる仕事を一発で決めろなんてそんな無茶な話はないよね!終身雇用ってそういう無茶な話なんです。

しっかりとやりたいことが決まっててそれに突き進むことができた幸運な一握りの人たちはさておき、やり直すチャンスは誰にでも与えられてしかるべきだと思います。それが就職だとしても。

考えの古い人たちの中には、一度でも転職をしたら転落人生を歩むことになるとかいう偏った意見を平気な顔して言ってくる残念な人も多いけど、全然そんなことはありません。

こちらの記事では、特に20代の就職・転職に強い「DYM就職」について口コミも含めて解説しています。

アナタじゃない、会社がダメなんだ!DYM就職で良い転職先を探そう!口コミや評判も!

ネットの求人情報ってなんとなくうさん臭い感じがするし、悪質なサイトも多く出回っているため不安も多いですよね?
そこで今回は、数ある就職・転職サービスの中でも驚異の就職率96%求人企業数2000社以上就職成功者数5000人以上を誇る優良転職エージェント、DYM就職について就職・転職アドバイザーとしても活動している私、柳 双葉が調べてきました!...


もし今あなたが転職を考えているのなら、手遅れになる前に転職をするべきです。
まだあると思っている時間は、あっと言う間に無くなってしまいますよ。

それでは今日はこの辺で。
柳 双葉でした。



twitterでもサラリーマン応援中!
https://twitter.com/futabayanagi

このエントリーをはてなブックマークに追加

転職 20代 おすすめ 30代 サラリーマン

Comment

Add your comment