柳 双葉のサラリーマンを応援するブログ!

日々頑張るサラリーマンの方々に向けて、仕事で役立つ知識や情報をお届けしてます!

【ビジネスの新しい基本】優先順位はもう古い?!劣後順位の重要性とは! 


こんにちは。
柳 双葉(やなぎ ふたば)です。
「柳 双葉のサラリーマンを応援するブログ!」
をご覧いただき誠にありがとうございます!
ぜひ最後まで読んでいってくださいね♪
問題


皆さんは普段仕事やプライベートで
やるべきことやしたいことを決めるとき、
どのような方法で決めていますか?

多くの方は優先順位で物事を判断することが多いかと思います。

もちろん物事の優先順位を決めることは
自分のやるべきことや頭の中を整理するためにも
とても重要なことです。

しかし、優れた経営者はこの優先順位よりも
劣後順位というものを重要視する方が多いようです。


本日はビジネスの基本的な考えの一つとなっている
劣後順位
についてお話していきます。

目次




  1. 優先順位と劣後順位の違い


  2. 劣後順位を使用すべきケース


  3. 難しいのは優先順位ではなく劣後順位の決定


  4. まとめ



優先順位と劣後順位の違い



まず、劣後順位を理解していただくために
優先順位との違いをお話しします。

優先順位とは、すでにご存じの方が大半かと思いますが
重要度及び作業の手順に従って作業を行うべき順序を決めることです。

俗にいう「仕事ができる人」はこの優先順位の決め方が非常にうまく
ToDoリストなどのツールを活用しながらスムーズに自身の仕事を進めていきます。


対して劣後順位とはやらないことを決める作業です。

今自分が抱えている仕事の中から

・自身が行う必要性

・作業量対効果

・重要度


などの要素を考慮して判断していきます。

できるだけ無駄なことを行わないということは
成果を効率的に上げることに非常に有効です。


劣後順位を決めるということは
仕事の効率性を大幅にあげるためにも必要なことなのです。

劣後順位を使用すべきケース



では実際に、劣後順位を決めるべきケースとはどのような時なのでしょうか。

皆さんが普段仕事をしている中で

「あ、この作業無駄だったな」というケースってありますよね。

作業が無駄になった理由はどんなものでしたか?

・上司や同僚、顧客への確認がしっかりととれていなかった。

この場合は、一つ一つの確認を怠らないようにする必要はありますが
劣後順位を使用するようなケースではありません。

・作業に対して手間をかけすぎている

求められている品質以上のものを作ろうとすることは時に無駄な労力となります。

例えば、会議で使う資料に無駄な装飾を施しても
評価されないばかりか、かえってあなたの評価を下げることにつながりかねません。
また、妙に凝った資料を作ろうとして期日に間に合わなくなれば本末転倒です。

求められている品質をしっかりと理解し、優先すべき事項を見据えたうえで
その他の無駄なことは省いてしまいましょう。


・作業に取り掛かる前と状況が変わり、今行っている作業が優先ではなくなる

仕事をしていく中でこのようなケースは多々見受けられます。

例えば、
・上司の気分が変わって別の指示が飛んでくる
・顧客の要望が変わり作業方針を変えなくてはならない
・事故や事件が起きてなにかしらの不具合が起きた


こういった場合、状況に応じた臨機応変な対応が求められます。
どの作業が必要ないのかを判断していけば、自ずと自分のやるべきことが見えてくるはずです。

難しいのは優先順位ではなく劣後順位の決定



経営学者のドラッカーは自身の著書の中でこう語っています。

実は、本当に行うべきことは優先順位の決定ではない。
優先順位の決定は比較的容易である。
集中できるものがあまりに少ないのは、劣後順位の決定、
すなわち取り組むべきでない仕事の決定とその決定の遵守が至難だからである。

(中略)

劣後順位第一位を決定することは、楽しいことではない。
誰かにとってはそれが優先順位第一位であるに違いないからである。

引用:「経営者の条件」 ピーター・ファーディナンド・ドラッカー



上記を見てわかるように、ドラッカー

優先順位を決めるのは誰にでも容易に行えるが
劣後順位を決めるのは非常に難しいことだと述べています。


慣れ親しんだ成果の上がらない仕事を捨てて
成果が上がるかも不確定な新しい仕事にうつるには
それ相応の勇気がいるものです。


このように難しい決定を行えるかどうかが
成果をあげられる人とそうでない人の違いなのでしょう。

60秒の簡単無料登録で天職が見つかる!

スポンサード リンク

【話題沸騰中】「DYM就職」ってどんな転職サイト?!体験談や口コミもご紹介!


まとめ



いかがでしたか?

優先順位で物事に取り掛かる順番を決め
劣後順位で無駄なことを徹底的に省く


効率を最も重要視しなければならない
経営者にこそ必要な考え方ですね。

皆さんも劣後順位を使いこなして
一流のビジネスマン・経営者を目指しましょう。

それでは今日はこの辺で。
柳 双葉でした。



twitterでもサラリーマン応援中!
https://twitter.com/futabayanagi

このエントリーをはてなブックマークに追加

Comment

Add your comment