FC2ブログ

柳 双葉のサラリーマンを応援するブログ!

日々頑張るサラリーマンの方々に向けて、仕事で役立つ知識や情報をお届けしてます!

【人間関係に打ち勝て!】人間関係を制する4つのステップ! 


こんにちは。
柳 双葉(やなぎ ふたば)です。
「柳 双葉のサラリーマンを応援するブログ!」
をご覧いただき誠にありがとうございます!
ぜひ最後まで読んでいってくださいね♪
対立


職場での人間関係って非常にやっかいなものですよね。

学生時代ならいざ知らず、社会人ともなると嫌な先輩や上司がいても必ず関わらなければいけませんし、下手にご機嫌を損なうとその後の仕事に支障が出てしまうこともあります。

そんな面倒な人間関係ですが、実はちょっと考え方を変えるだけで、大きく状況を変えることができます。

今回お話しする内容を実践できれば、このような状況も夢ではなくなります。

・面倒な仕事を押し付けられることが少なくなる

・良い雰囲気で仕事ができるようになり、ストレスが溜まりにくくなる

・今まで話を聞いてくれなかった人が自分の話に耳を傾けてくれるようになる


今回は、誰もが悩みを抱える職場での「人間関係」について、上手に戦うための4つのステップをお話ししていきます。

目次


  • 苦手な人の情報を書き出す


  • 相手を油断させる


  • さらに情報を引き出す


  • じっくりと機を待つ


  • まとめ



  • 苦手な人の情報を書き出す



    まず、自分が苦手意識を持っている人の名前と特徴を書き出していきましょう。

    その人のどんなところが苦手なのか、その人はどんな性格なのか。

    どんな趣味を持っていて、どんな家族構成をしていて、どのような経歴を持っているのか。分かる限り詳細に書き出してください。

    もちろん、愚痴っぽいことを書き出すのも大いに結構。大々的に書いてやりましょう。

    そして、良いところもなんとか探し出して書き出してください。これは一番最後で結構です。

    敵を知り、己を知らばすなはち、百戦危うからず

    これから「職場」という舞台で戦っていく相手です。相手の情報がなければなんの手を打つこともできません。

    情報に偏りがないよう、しっかりと書き出してください。

    相手を油断させる



    戦いにおいて、もっとも効果的な手法は奇襲をかけることです。

    人は誰しも、不意を突かれるともろいもの。

    そのための準備として、相手をとことん油断させてください。

    やり方としては

    ・返事は元気よく返す

    ・相手の話に耳を傾ける

    ・余計な口は挟まず、最後まで話を聞く

    ・相手を否定せず、むしろ肯定してあげる


    たったこれだけの作業で、相手はあなたに対しての警戒感を解いていきます。

    このときに注意してほしいのは、できるだけ苦手意識を相手に悟られないようにすること。

    自分がどのような態度で接しているか、どのような表情をしているかを常に意識しておきましょう。

    さらに情報を引き出す



    先ほどのステップで、相手はあなたに対して油断し始めたことと思います。

    そこで、さらに相手から情報を引き出していきましょう。

    現代社会において情報は武器です。

    情報もないまま戦いに身を投じるのは、猛獣のうじゃうじゃいる密林に裸一貫で飛び込むようなもの。

    相手の情報を引き出せば引き出すほど、あなたは防具・武器の装備が整っていきます。

    この時に注意してほしいことが、こちらの情報はできる限り漏らさないということ。

    とにかく相手の話を聞くことに徹して、より有益な情報を引き出していきましょう。

    相手から情報を引き出すコツは

    ・相槌を打つことを怠らない

    ・相手の話に興味を持つ

    ・質問しながら、さらに突っ込んでみる

    ・共感できることは口に出して共感を伝える


    以上のことを守っていけば、たいていの人間は気分よく話をしてくれるでしょう。

    じっくりと機を待つ



    ここまでのステップで、相手との戦いにおける備えはだいぶ出来上がったかと思います。

    しかし、焦りは禁物です。

    物事にはタイミングというものが存在します。タイミングを軽視すれば、事を仕損じるのは明白です。

    相手の出方を伺いながら、じっくりと機を待ちましょう。

    とはいえ、ただ待つというのは精神的に辛いものがあります。

    そこで、この待つ期間を利用して、できることをピックアップしておきます。

    ・人間関係への免疫を高めるために、人の集まる場へ顔を出す

    人間関係も要は慣れです。たくさんの人と接していくことで耐性がついていきます。

    あえて飲み会や親睦会などの人の集まる場へ顔を出してみて、免疫をつけていきましょう。

    ただし、あくまでも自分の無理のない範囲で行ってください。

    ・人目を気にしすぎないように癖づけをする

    人からどう思われているかばかりを気にし続けていると、精神的な消耗度合いは非常に大きくなります。

    人の目を気にしないように心がけ、いたずらに疲労をためない癖をつけていきましょう。

    ・自分に自信をつける

    自分に自信がない状態では、物事は好転していきません。

    こちらの記事を参考に、自分に自信をつけてみてください。

    【自信を取り戻せ】自分に自信をつけるために必要な3つのこと!

    もしかしたら、物事が劇的に変わるヒントが隠されているかもしれませんよ。

    60秒の簡単無料登録で天職が見つかる!

    スポンサード リンク

    【話題沸騰中】「DYM就職」ってどんな転職サイト?!体験談や口コミもご紹介!


    まとめ



    ここまででお気づきの人も多かったかもしれませんが

    今回の記事は、実は相手をどうこうしようというものではありません。

    文学者で明治学院大学教授の高橋源一郎は、自身のコラムでこう語っています。

    「人間関係において、相手を変えることはほぼ不可能です。可能なのは、自分が変わってみることだけ。」

    それで本当になにかが変わるの?という声も聞こえてきそうですが、人間関係において相手に100%原因があるなんてことはほとんどありえません。

    あなたが相手に対して苦手意識を持っているのと同様に、相手も何らかの理由であなたに対して苦手意識を持っているものです。

    今回の記事の内容を実践しながら、ひとまず1か月ほど様子を見てみてください。そうすれば、だんだんと相手のほうにも変化が表れてきます。

    まずは実践あるのみ。実りのある人間関係を築いていってくださいね。

    それでは今日はこの辺で。
    柳 双葉でした。



    twitterでもサラリーマン応援中!
    https://twitter.com/futabayanagi

    このエントリーをはてなブックマークに追加

    Comment

    Add your comment