柳 双葉のサラリーマンを応援するブログ!

日々頑張るサラリーマンの方々に向けて、仕事で役立つ知識や情報をお届けしてます!

もう報告書に悩まない!驚くほど文章力を向上させる5つの方法! 


こんにちは。
柳 双葉(やなぎ ふたば)です。
「柳 双葉のサラリーマンを応援するブログ!」
をご覧いただき誠にありがとうございます!
ぜひ最後まで読んでいってくださいね♪
書類に悩む


報告書や始末書などの書類を書く際、文章に詰まってしまうことってよくありますよね。

「この言い回し、この前も使ったな」

「上層部に報告するのにこの文章じゃダメだよな」

「この場合はなんて表現したらいいんだろう」


あれやこれやと考え込むうちに、いたずらに時間だけが浪費されていきます。。。

面倒な書類の作成なんてパパっと終わらせて、別の仕事に取り掛かったり、早く帰宅したいですよね?

そこで本日は、表現方法を多彩にして文章力を上げるために行うべきことを5つ厳選してご紹介していきます!

これをマスターすれば、今まで只々面倒だった書類作成もすいすいと捗って、余剰の時間を有意義に使えること間違いなしですよ!

目次




自分の癖を知る



文章力は、普段の会話のセンスにも表れます。

つまり、会話力=文章力と考えていただいても差し支えありません。

あなたは普段、どのような言葉をチョイスして会話をしているでしょうか?

「ここの店のステーキまじやばい」

「あの子好みど真ん中でやばすぎ」

「今月金欠でまじやばい」


上記はかなり極端な例ですが、もし、似たような表現方法を重複して使っているようならば、残念ながらあなたの文章力は低いと言わざるを得ません。

とはいえ、自身の癖はなかなか自分では気づきにくいもの。

ですので、普段からよく話す友人などに自分の口癖や話し方、表現方法について聞いてみましょう。

自分でも思いもよらなかった癖が見つかるかもしれません。

どんな分野でも、上達への第一歩は今現在の自分自身と向き合うことです。

普段の自分の癖を聞かされるのは、とても恥ずかしく、辛いものに感じてしまうかもしれませんが、ここは耐え忍びましょう。

言葉で表現してみる



普段目にしているものをどのように感じているでしょうか?

そして、それを言葉で表現するとしたらどのような表現が適当でしょうか?

実は、文章力を向上させる教材は、日常の中に大量に存在しています。

例えば、朝、外に出てみたら雲一つない青空が広がっていたとします。

「昨日までの悪天候が嘘のように、お日様が優しく照らしてくれている」

「澄んだ青空が眼前に広がると、今日一日の活力をもらっているような、そんな感覚になる」


感じ方や表現の方法は人それぞれですが、自分の目にした光景、肌で感じたもの、自分の今の感情などを頭の中でも結構ですので、文章で表現する癖をつけてみましょう。

ただそれだけで、文章力は驚くほどに向上していきます。

表現を言い換えてみる



物事には様々な表現の方法があります。

例えば、おいしいワインを頂いたとして、一口においしいと表現するだけで留めず

「酸味と渋みがワインの持つ本来の甘みを際立たせて、味に奥行きを感じる」

と、具体的に表現してみたり

「フルーティーで上質な味わいが、まるでトスカーナの風を感じているように錯覚させる」

のような、比喩表現をしてみたりと、多岐に渡ります。

一つの事柄に一つの表現なんてルールは存在しません。

あなたが体感した事柄を、様々な表現方法で言い表してみましょう。

特におすすめな練習方法は、他己紹介。

あなたの知人や友人にも、長所もあれば短所もあると思います。

他人の短所を上手に長所になるように表現してみながら他己紹介を行えば、文章力も向上するし、その人の新たな魅力を発見することができます。

例えば、優柔不断は優しい性格と言い換えることができますし、怒りっぽい人は情熱的な人と捉えることができます。

言葉遊びが楽しめるようになれば、あなたはもはや上級者の仲間入りです。

本を読む



質の良い表現方法を学ぶには、本が何よりも最高の素材です。

もちろん一番のおすすめは小説なのですが、とっつきにくい場合は漫画や雑誌でも充分学び取ることができます。

いかなる種類の本でも、書き手は魂を込めて、ありったけの表現力を駆使しているものです。

そんな書き手の皆さんに敬意を払い、心を込めて学びとらせていただきましょう。


インプット・アウトプット



ビジネス用語でよく耳にするインプット・アウトプット。

本来は得た情報や知識をもとに行動を起こし、成果や実績をあげることを指します。

しかしここでは、知識を得ることをインプット、知識を定着させることをアウトプットと解釈してください。

あなたは今、本や他人との会話で新しい表現方法を知ることができました。(インプット

しかし、そのままでは時間とともにせっかく得た知識も薄れていっていきます。

そこで、あなたも得た知識を存分に他の人に披露してください。(アウトプット

インプットをした後は、アウトプットを繰り返すことにより知識があなたの中に定着していきます。

子供は、覚えたばかりの言葉をすぐに使いたがると言いますが、これは非常に重要なことなのです。

得た知識を存分に使用して、表現豊かな自分を手に入れましょう。

まとめ



いかがでしたか?

文章力・表現力を向上させる方法は

・自分の癖を知る

・言葉で表現してみる

・表現を言い換えてみる

・本を読む

・インプット・アウトプットを行う


以上のことを実践できれば、もう文章に悩まされる心配はありません!

文章力を磨いて、めんどうな書類作成をさくさくやっつけてしまいましょう♪

それでは今日はこの辺で
柳 双葉でした。



twitterでもサラリーマン応援中!
https://twitter.com/futabayanagi

このエントリーをはてなブックマークに追加

Comment

Add your comment