FC2ブログ

柳 双葉のサラリーマンを応援するブログ!

日々頑張るサラリーマンの方々に向けて、仕事で役立つ知識や情報をお届けしてます!

今さら聞けない…1分で分かるPDCAサイクル解説と具体例! 


こんにちは。
柳 双葉(やなぎ ふたば)です。
「柳 双葉のサラリーマンを応援するブログ!」
をご覧いただき誠にありがとうございます!
ぜひ最後まで読んでいってくださいね♪
PDCA.jpg


皆さんが仕事をしていく中で、PDCAサイクルという言葉を耳にする機会も多いかと思います。

PDCAサイクルは、アメリカの統計学者ウォルター・シューハート、エドワーズ・デミングらが第二次世界大戦後に提唱した、生産管理や品質管理などの管理業務を円滑に進める手法で、日本でも近年、多くの企業がこの手法を業務の生産性・品質の向上のために取り入れています。

ビジネスの世界ではもはや必須と言っていいほどの知識であるPDCAサイクル

もし知らなかったとしても、今さら改めて聞くのは気恥ずかしい…

そんなあなたのために、今回はPDCAサイクルの基本的な知識と、簡単な具体例をお話ししていきます。

これで明日から気まずい思いをせずに済みますよ♪

目次




PDCAサイクルとは



PDCAサイクルは、一つの事柄に対して、四段階の活動を繰り返し行なうことで、物事をより精査して高い品質に改善していく手法を指します。

Plan
物事を計画する。

Do
計画したことを実行する。

Check
実行したことを評価する。

Act
評価した内容を基に改善を行う。





これら四段階の活動の頭文字をとって、PDCAサイクルと呼ばれています。

PDCAサイクルは、仕事からプライベートに至るまで幅広く活用できる非常に優れたツールとして利用されています。

具体的な使用例~仕事編~



例えば、あなたが仕事上のとある業務を効率化したいと考えたとします。

このことを実現するために、PDCAサイクルを活用していきます。

Plan(計画)

いつから、どのような手段で、どのような人の協力を得て作業を効率化するのか、なぜ作業を効率化させなければいけないのか、そのためにどのくらいの経費が掛かるのかを考える

Do(実行)

案を具体化して実行する

Check(評価)

実行した内容にどのようなメリット・デメリットがあったのかを検証する

Act(改善)

検証結果を基に改善案を考える。

Plan(再計画)

改善案を基に新たな計画を練る





業務を効率化するためには、ただ作業時間を短縮すれば良いというわけではなく、効率化する前と同等以上の品質や生産量も当然のことながら求められます。

このように、まず案を実行に移してから細かく改善を重ねていき、品質や生産量を保持しながら効率化を図るための最善策を模索していきます。

PDCAサイクルを繰り返せば繰り返すほど案は精査されていき、業務はより洗練され、効率化を図ることができます。

具体的な使用例~プライベート編~



例えば、あなたが旅行をしたいと思い立ったとします。

Plan(計画)

いつ、どこに、誰と、どのような交通手段で、なにをしに行くのか、費用がどのくらいかかるのかまで具体的に計画を立てる。

Do(イメージする)

計画を基にスケジュールを組み、旅行のイメージを行う。

Check(評価)

イメージした旅の道中に問題はなかったか、自分のしたいことはすべて行えたかを検証する。

Act(改善)

検証で出た評価を基に、問題点があれば改善を行う。

Plan(再計画)

改善内容を参考にしながら、より良いプランを組み立てる

旅行などの限られた時間を充分に楽しむためには、より精査されたプランニングが重要です。

もちろん、ノープランの旅もそれはそれで楽しいんですけどね♪

まとめ



いかがでしたか?

PDCAサイクルのやり方と活用法はご理解いただけたでしょうか。

特にPlan(計画)の段階では、5W1Hと組み合わせるのがほぼ必須のようになっていますのでこちらも合わせて覚えてみてください♪

それでは今日はこの辺で。
柳 双葉でした。



twitterでもサラリーマン応援中!
https://twitter.com/futabayanagi

このエントリーをはてなブックマークに追加

Comment

Add your comment