柳 双葉のサラリーマンを応援するブログ!

日々頑張るサラリーマンの方々に向けて、仕事で役立つ知識や情報をお届けしてます!

最低限おさえるべき時間の使い方が上手い人が必ずやってる5つのこと 


こんにちは。
柳 双葉(やなぎ ふたば)です。
「柳 双葉のサラリーマンを応援するブログ!」
をご覧いただき誠にありがとうございます!
ぜひ最後まで読んでいってくださいね♪
時間


皆さんは、時間を上手に使えている自信がありますか?

時は金なり!

時間を制する者は仕事を制す!


仕事ができると評価されている人は、皆すべからく時間の使い方が上手いものです。

でも、どうやって時間を活用していけばよいのかということが一番の問題ですよね。

そこで今回は、上手な時間の活用方法についてお話しさせていただきます。

関連記事
営業がデキる人ほど実践している!営業に活かせる簡単な心理学6選!

できない自分を変えたい人へ…仕事がデキる人に共通する7つの特徴

ミスった…どうしよう…ミスを挽回して評価も上がる5つの対処法

目次




早起きは三文の得


ことわざにもある「早起きは三文の得」

もちろん、現代社会においても通用することわざです。

社会人になると、仕事の日などは特に自分の時間をとることが難しくなります。

つまり、限られた時間をいかに質の高いものにするかが鍵となるのですが、ここで早起きが非常に重要な役割を担います。

例えば、あなたが仕事で必要な資格やスキルを勉強したいと思うのならば、朝は睡眠によって脳に蓄えられた情報が整理整頓された直後のすっきりとした状態ですので、勉強した内容が素直に頭に残りやすいですし、

運動不足を解消したいと思うのならば、一日の始まりに軽い運動をして体をほぐすことによって、その日一日の体の調子を上げることができるため、とても効率的です。

なによりも早起きを行うことによって生活リズムを整えることができるため、早起きはとてもおすすめです。

人によっては向き・不向きもあるとは思いますが、ぜひ一度取り組んでみてください♪

生活をスケジューリングする


一日の行動をあるていどスケジューリングすることによって

「次はなにをしようか…」

と考える時間を省くことができ、時間をより効率的に使うことができるようになります。

杓子定規的になんでもかんでも枠にはめてしまうのは行き過ぎですが

一流選手のルーティーンのように、あなたの調子の上がる一日の過ごし方のパターンをある程度定めておけば、気分的にもより良い状態で一日を過ごすことができますよ♪

できることから取り組む


人はとかく、問題を大きく捉えてしまいがちです。

問題を大きく捉えてしまうから、取り組むのも億劫になってしまって、ついつい問題を先延ばしにしてしまいます。

そういうときは、問題を細分化して今すぐできることから取り組んでいきましょう。

例えば、部署の売り上げが落ち込んでいるという問題が出たとして

⇒問題を解決するためには部署の売り上げを向上させなければならない

⇒売り上げを向上させるために必要な方法をピックアップする

・宣伝活動を行う

・顧客リストを洗い出し、営業を行う

・取扱商品の精査を行う

・新しい商品の提案・開発を行う

etc...


この中で自分がすぐに実行できそうなものから着手していくのです。

ただだまって目をつぶっていても、問題は解決されません。

とにかく行動を起こしてこそ、問題解決の糸口を見つけることができるのです。

これは余談ですが、仕事の効率を考えたとき、複数の仕事を同時進行させていくよりも一つの仕事に集中して片付けていくほうが効率の面からみて理にかなっているそうです。

あまり多くを求めずに、できることから一つ一つ確実に仕事をこなしていきましょうね♪

劣後順位を決める


優先順位を決めて物事を行うのはもはや常識中の常識ですが、劣後順位はしっかり定めていますか?

劣後順位とは、簡単に説明するとやらないことを決めることです。

今自分が抱えている仕事の中から

・自身が行う必要性

・作業量対効果

・重要度


などの要素を考慮して判断していきます。

劣後順位を決めて仕事をスリム化すると、仕事の効率が飛躍的に向上します。

こちらの記事も参考にしながら、やらないことを決める癖をつけてみてくださいね♪
ドラッカーが重要視した「劣後順位」で仕事の効率は3倍変わる!

すきま時間の活用


インターバルを必要以上に長く取ってしまってはいませんか?

確かに休憩を挟むことは大事ですが、おおよそ30分作業をして5分休憩をとるのが理想とされています。

ちょっとだけ休憩をとるつもりが、気分転換のために始めたゲームやネットサーフィンにのめり込みすぎてしまって、ついつい時間を浪費してしまうことはよくあることですよね。

仕事のできる人は、このようなインターバル等のすきま時間を無駄には使いません。

絶えず自分のスキルアップや夢を実現するための時間として活用しているのです。

このすきま時間の使い方こそが、できる人とそうでない人の差だと言っても過言ではないでしょう。

大切なことは、目標を明確にして目的意識を持つこと。

目的意識を持つことができれば時間に対する捉え方も変わり、一分一秒を大切にすることができます。

60秒の簡単無料登録で天職が見つかる!

スポンサード リンク


↓関連記事↓
ちょwww 求人数がwww 多すぎwww
絞れないだろこの求人サイトwww


まとめ


いかがでしたか?

上手な時間の活用方法は

・早起きをする

・生活をスケジューリングする

・できることから取り組む

・劣後順位を決める

・すきま時間を活用する


個人的には、時間を管理するというよりもむしろ自己管理を徹底することにこそ本質があるように思います。

自己管理を徹底して有意義な時間を過ごし、ライバルたちに差をつけましょう!

あわせて読んでほしいおすすめの記事
営業がデキる人ほど実践している!営業に活かせる簡単な心理学6選!

できない自分を変えたい人へ…仕事がデキる人に共通する7つの特徴

ミスった…どうしよう…ミスを挽回して評価も上がる5つの対処法

それでは今日はこの辺で。
柳 双葉でした。



twitterでもサラリーマン応援中!
https://twitter.com/futabayanagi

このエントリーをはてなブックマークに追加

Comment

Add your comment