FC2ブログ

柳 双葉のサラリーマンを応援するブログ!

日々頑張るサラリーマンの方々に向けて、仕事で役立つ知識や情報をお届けしてます!

睡眠負債とは?リスクと対処法は?寝溜めは逆効果?2017新語・流行語大賞で話題になっている気になった言葉を調査してみた 


こんにちは。
柳 双葉(やなぎ ふたば)です。
「柳 双葉のサラリーマンを応援するブログ!」
をご覧いただき誠にありがとうございます!
ぜひ最後まで読んでいってくださいね♪
寝不足



2017年の新語・流行語大賞が決定しましたね!

大賞は「インスタ映え」「忖度」

どちらも今年いたるところで使用されていた、大きな話題となったフレーズでした。

ところで、惜しくも対象は逃したものの、見事トップテン入りを果たした言葉の中で

「睡眠負債」

という言葉が目に留まりました。

受賞者は早稲田大学教授の枝川 義邦(えだがわ・よしくに) さん。

ユーキャンの新語・流行語大賞のWebページでは、「睡眠負債」について以下のように説明されています。

日本人の約4割が睡眠時間が6時間未満で、これは睡眠不足どころか「睡眠負債」に陥っている。この指摘には多くの国民が目を覚まされた。わずかな睡眠不足でも、常態化すれば不足分が負債のように膨れ上がり、うつ病やがん、認知症などの深刻な病気につながる恐れがあるという。


引用元:http://singo.jiyu.co.jp/award/award2017.html#prize05


日本人の多くが抱えてしまっているという「睡眠負債」

深刻な病気を引き起こす恐れも言及されていますが、一体どのような状態なのでしょうか?

今回は「睡眠負債」についてお話ししたいと思います。

目次




睡眠負債とは


睡眠負債は、アメリカのスタンフォード大学の研究者により提唱された言葉です。

睡眠不足の状態が長く続いてしまうと、日々の睡眠不足が借金のように積み重なっていき、心身に悪影響を及ぼしてしまうおそれのある状態になってしまいます。

これが、睡眠負債と呼ばれる状態なのです。

一般的には7~8時間の睡眠が適切であるとされていますが、これには個人差があり、6時間ほどで充分足りる人もいれば、9~10時間の睡眠をとらなければならない体質の人もいます。

睡眠負債が溜まるリスク


睡眠負債を抱えている状態に陥ると、体には様々な悪影響が起こります。

生活習慣病の発症リスクは健常者のおおよそ1.5~2倍に膨れ上がり、精神疾患の発症率も上がることが明らかになっています。

また、睡眠負債は脳へのダメージが大きく、2003年にペンシルベニア大学が行った研究によると、6時間睡眠を2週間続けた被験者グループの脳へのダメージは、2晩徹夜したグループと同程度だったとされています。

睡眠負債への対処法


睡眠負債に対処するためには、当然のことながら充分な睡眠をとることが必要です。

とはいえ、休日の寝溜めは、身体への負担が大きいこともさることながら、生活のリズムを狂わせてしまう恐れがあるため、あまりおすすめできません。

もしもどうしても寝溜めを行いたい場合は、いつもより遅い時間に起きるのではなく、いつもよりも早い時間に就寝を行い、起きる時間を普段通りにするように心がけることで、生活リズムの乱れを最小限に抑えることができます。

また、仕事の休憩時間などを利用して15~20分ほどの昼寝を行うことも効果的です。

あわせて読んでほしいおすすめの記事
【体調管理】良質な睡眠を得るために知っておきたい6つのこと!

60秒の簡単無料登録で天職が見つかる!

スポンサード リンク


まとめ


睡眠は仕事の質も生活の質も大きく左右する、人生において最も重要な事柄です。

睡眠をおろそかにすると、あなたの心身は確実に蝕まれていってしまいます。

取り返しのつかないことになってしまう前に、今の生活習慣を見直し、より質の高い睡眠を確保することを心がけていきましょう。

それでは今日はこの辺で。
柳 双葉でした。



twitterでもサラリーマン応援中!
https://twitter.com/futabayanagi

このエントリーをはてなブックマークに追加

睡眠負債 リスク 対処法 寝溜め 流行語大賞 ビジネス ビジネス用語 意味

Comment

Add your comment