FC2ブログ

柳 双葉のサラリーマンを応援するブログ!

日々頑張るサラリーマンの方々に向けて、仕事で役立つ知識や情報をお届けしてます!

カテゴリーキラーを理解すればマーケティング戦略の幅が広がる!意味は?日本語で表すと?正しい使用例や誤った使用例もご紹介! 


こんにちは。
柳 双葉(やなぎ ふたば)です。
「柳 双葉のサラリーマンを応援するブログ!」
をご覧いただき誠にありがとうございます!
ぜひ最後まで読んでいってくださいね♪
カテゴリーキラー

カテゴリーキラーってどういう意味か即答できますか?

あなたは間違った使い方をしていないと断言できますか?

仕事やビジネスの場面でよく耳にするカテゴリーキラーという言葉。

雰囲気や話の流れでなんとなく理解することはできているけど、いざ意味を聞かれるとなんて答えていいのか困ってしまうことがあるのでは?

そこで今回は、ウザイけど知って得するビジネス用語「カテゴリーキラー」の意味や使用例などをお話ししていきます♪

目次




カテゴリーキラーの意味


カテゴリーキラーとは、ある特定の分野の商品のみを豊富に品揃えし、低価格であったり取り扱い商品のニッチ度などで他の競合と差別化を図る小売店業態のことを指します。

カテゴリーキラーが進出すると、商圏内の総合スーパーや百貨店が影響を受け、そのカテゴリーの商品の取り扱いを縮小するか、あるいはそのカテゴリーの取り扱い自体を撤退せざるを得なくなることから、キラーが名称に用いられています。

カテゴリーキラーの正しい使用例


「カテゴリーキラーでとくに有名なのは、家電量販の業界だ」

「最近では、白いシャツのみを取り扱うというカテゴリーキラーも登場した」

「カテゴリーキラーが大手のチェーンであればあるほど、真っ向勝負では敵わない」

「カテゴリーキラーを行うことのメリットの一つは、ターゲットが絞りやすくなることだ」

「あの店は車用品のカテゴリーキラーだから、希少なパーツも手に入るかもしれない」


カテゴリーキラーの誤った使用例


「あの店はカテゴリーキラーだから、パソコンから生鮮品までなんでも手に入れることができる」

「カテゴリーキラーはじめました。手始めにこのブログのカテゴリーを狙います」

「先輩のその発言、カテゴリーキラーですよー?」

「君って存在がカテゴリーキラーだね」

「あ!野生のカテゴリーキラーが襲い掛かってきた!」


カテゴリーキラーを日本語で表すと


カテゴリーキラーにはこれといった日本語訳が見つからなかったのですが、あえて日本語で表現するとしたら

「集中特化型小売り業態」

といったところでしょうか。

正しい使用例に当てはめてみると以下のように置き換えることができます。

「集中特化型小売り業態でとくに有名なのは、家電量販の業界だ」

「最近では、白いシャツのみを取り扱うという集中特化型小売り業態も登場した」

「集中特化型小売り業態店が大手のチェーンであればあるほど、真っ向勝負では敵わない」

「集中特化型小売り業態を行うことのメリットの一つは、ターゲットを絞りやすくなることだ」

「あそこの店は車用品の集中特化型小売り業態店だから、希少なパーツも手に入るかもしれない」


カテゴリーキラーまとめ


日本でカテゴリーキラーとして有名なのは

・家電量販店
ヤマダ電機
ヨドバシカメラ
ケーズデンキ

・家具店
ニトリ

・衣料品店
しまむらグループ
ファーストリテイリング(ユニクロ)

・医薬品店
マツモトキヨシ

・衣料品店
しまむらグループ
ファーストリテイリング(ユニクロ)

といったところでしょうか。

このほかにも、顧客のニーズの多様化に合わせて大小様々なカテゴリーキラーが多数存在していますよね♪

それでは今日はこの辺で。
柳 双葉でした。




twitterでもサラリーマン応援中!
https://twitter.com/futabayanagi

このエントリーをはてなブックマークに追加

カテゴリーキラー 意味 日本語 使用例 使い方 ビジネス用語 ビジネス サラリーマン

Comment

Add your comment