柳 双葉のサラリーマンを応援するブログ!

日々頑張るサラリーマンの方々に向けて、仕事で役立つ知識や情報をお届けしてます!

ニッチの意味と使い方を簡単にわかりやすく説明します。日本語で表すと?正しい使用例や誤った使用例もご紹介! 


こんにちは。
柳 双葉(やなぎ ふたば)です。
「柳 双葉のサラリーマンを応援するブログ!」
をご覧いただき誠にありがとうございます!
ぜひ最後まで読んでいってくださいね♪
ニッチ

ニッチってどういう意味か即答できますか?

あなたは間違った使い方をしていないと断言できますか?

マーケティングやビジネスの場面でよく耳にするニッチという言葉。

雰囲気や話の流れでなんとなく理解することはできているけど、いざ意味を聞かれるとなんて答えていいのか困ってしまうことがあるのでは?

そこで今回は、ウザイけど知って得するビジネス用語「ニッチ」の意味や使用例などをお話ししていきます♪

目次




ニッチの意味


ニッチとは、大きな企業がターゲットとしないような小規模の市場や、潜在的なニーズはあるものの、まだビジネスの対象として考えられていないような未開拓の分野などを指します。

大企業は、収益が低いとの理由から参入を見送るケースが多いため、中小企業やベンチャービジネスが多く参入することができ、こうした企業が専門分野としての確固たる地位を築いてくことが可能であるとされています。

また、市場規模こそ小さいものの、特定の顧客に合わせたマーケティング展開を行うことにより、顧客は少々値段が高くてもそれを容認しやすい傾向にあるというのも大きな特徴の一つです。

ニッチの正しい使用例


「小さな企業が生き残っていくためには、ニッチ市場を切り開いていくことが有効な手段だ」

「顧客のニッチ需要を逃すことなく捉え、成長させることができれば、ビジネスでの成功を得ることができる」

「君の趣味って、案外ニッチ分野なんだね」

「ある特定の分野に特化したビジネスをニッチビジネスと呼ぶ」

「たとえそれがニッチ市場であっても、世界規模で見れば市場は非常に大きい」


ニッチの誤った使用例


「あのデパートは多種多様な品ぞろえがしてあり、とてもニッチだ」

「彼のプレゼンは万人に受けが良く、実にニッチだ」

「かわいらしいニッチな顔してるぜ」

「どう?このニッチのセーター」

「おごるよ。ボーナスが出たからちょっぴりニッチな気分なのさ」


ニッチを日本語で表すと


ニッチは、ビジネスにおいては「隙間」という意味で捉えられることが多いです。

よって、正しい使用例に当てはめると以下のように置き換えることができます。

「小さな企業が生き残っていくためには、隙間市場を切り開いていくことが有効な手段だ」

「顧客の隙間需要を逃すことなく捉え、成長させることができれば、ビジネスでの成功を得ることができる」

「君の趣味って、案外隙間分野なんだね」

「ある特定の分野に特化したビジネスを隙間ビジネスと呼ぶ」

「たとえそれが隙間市場であっても、世界規模で見れば市場は非常に大きい」


ニッチまとめ


参入した当初はニッチ市場だったのが、飛躍的に成長して大規模な市場と化した例は多数存在しています。

ニッチ市場が成功して大規模な市場へと成長した例としては以下のものがあります。

・コンビニエンスストア業界

・アニメグッズ等のオタク市場


ニッチ市場は、以前は中小企業が競争を行う市場のように捉えられていましたが、今では大企業の参入も多くみられているようです。

今の時代は、いかに顧客のニーズを捉えてニッチな需要を追求していくかが成功するための一つのカギですね♪

それでは今日はこの辺で。
柳 双葉でした。




twitterでもサラリーマン応援中!
https://twitter.com/futabayanagi

このエントリーをはてなブックマークに追加

ニッチ 意味 日本語 使用例 使い方 ビジネス用語 ビジネス サラリーマン

Comment

Add your comment