柳 双葉のサラリーマンを応援するブログ!

日々頑張るサラリーマンの方々に向けて、仕事で役立つ知識や情報をお届けしてます!

レスポンスが遅いって一体どういう意味?レスポンスの意味は?日本語で表すと?正しい使用例や誤った使用例もご紹介! 


こんにちは。
柳 双葉(やなぎ ふたば)です。
「柳 双葉のサラリーマンを応援するブログ!」
をご覧いただき誠にありがとうございます!
ぜひ最後まで読んでいってくださいね♪
レスポンス



レスポンスってどういう意味か即答できますか?

あなたは間違った使い方をしていないと断言できますか?

仕事やビジネスの場面でよく耳にするレスポンスという言葉。

雰囲気や話の流れでなんとなく理解することはできているけど、いざ意味を聞かれるとなんて答えていいのか困ってしまうことがあるのでは?

そこで今回は、ウザイけど知って得するビジネス用語「レスポンス」の意味や使用例などをお話ししていきます♪

目次




レスポンスの意味


レスポンスとは、外部からの働きかけに対してなんらかの反応をすることを指します。

例えば、上司からあなたの進めているプロジェクトについて進捗状況を尋ねられたとして(外部からの働きかけ)

そのことに対するあなたの反応や説明がレスポンスにあたります。

この時、説明するまでに時間がかかったり、反応を示すのが鈍かったりすると「レスポンスが遅い」と低評価され

迅速に反応し、要点を抑えて的確に説明することができれば「レスポンスが良い」と高評価されます。

レスポンスの正しい使用例


「顧客からのクレームに対しては、迅速なレスポンスが望まれる」

「こちらからの問い合わせに対してのレスポンスが返ってこない」

「彼はレスポンスは非常に良いのだが、仕事が雑だ」

「レスポンスが鈍くなってきたようだから、一度休憩を挟みましょう」

「気になってる人からのレスポンスがいまいちなんだ…」


レスポンスの誤った使用例


「レスポンスくらいちゃんと使いこなせ!」

「このレスポンスにかかる費用を計算してくれないか?」

「それではレスポンスをとりまーす」

「酒はレスポンスによく効く」

「レスポンス、レスポンスってそんなにレスポンスが楽しいかい?」


レスポンスを日本語で表すと


レスポンスは、日本語では「反応」「応答」と表現されることが多いです。

よって、正しい使用例にあてはめると以下のように置き換えることができます。

「顧客からのクレームに対しては、迅速な応答が望まれる」

「こちらからの問い合わせに対しての反応が返ってこない」

「彼は反応は非常に良いのだが、仕事が雑だ」

「反応が鈍くなってきたようだから、一度休憩を挟みましょう」

「気になってる人からの反応がいまいちなんだ…」


レスポンスまとめ


一般的に言えば、仕事ができる優秀な人材ほどレスポンスが早く、しっかりしています。

これは裏を返せば、レスポンスを良くするように心がけていれば周囲の評価も自然と上げることができるということです。

けだるさを感じさせるような鈍いレスポンスになってはいませんか?

周囲の人たちに対して、良いレスポンスを行えるように心がけていきましょうね♪

それでは今日はこの辺で。
柳 双葉でした。




twitterでもサラリーマン応援中!
https://twitter.com/futabayanagi

このエントリーをはてなブックマークに追加

レスポンス 意味 日本語 使用例 使い方 ビジネス用語 ビジネス サラリーマン

Comment

Add your comment