FC2ブログ

柳 双葉のサラリーマンを応援するブログ!

日々頑張るサラリーマンの方々に向けて、仕事で役立つ知識や情報をお届けしてます!

日本でも広がる「#MeToo」!ハラスメントに対する問題意識は変わるのか?! 


こんにちは。
柳 双葉(やなぎ ふたば)です。
「柳 双葉のサラリーマンを応援するブログ!」
をご覧いただき誠にありがとうございます!
ぜひ最後まで読んでいってくださいね♪
#METOO



今、世界中で広がっている「#MeToo」

日本でもはぁちゅうこと伊藤春香さんの告発を皮切りに、どんどん広がりを見せています。

刻キタル代表取締役、岸勇希が謝罪…はあちゅうさんへのセクハラ・パワハラ問題とは

先進国の中でもかなり低いと言われている日本のハラスメントに対する問題意識

「#MeToo」によりどのように変わっていくことができるのでしょうか。

今回は、「#MeToo」と日本のハラスメントに対する問題意識についてお話ししていきます。

目次




「#MeToo」とは?


「#MeToo」は、2017年10月にアメリカの女優アリッサ・ミラノさんがハリウッドの大物映画プロデューサーであるハーヴェイ・ワインスタイン氏から受けたハラスメント被害を告発し、同時に自信のSNSでハラスメント被害者に対して「#MeToo」と書き込んで声をあげてほしいと呼びかけたことから世界中に波及していったムーブメントです。

これまでにエンターテイメント業界やジャーナリズム業界、政界に至るまで各界の多数の有名人がセクハラや暴行で訴えられており、元アメリカ大統領のジョージ・H・W・ブッシュ氏ノーベル平和賞作家のエリ・ヴィーゼル氏なども告発の対象として名前が挙げられています。

日本における「#MeToo」


日本では冒頭でもお話しした「はあちゅう」こと伊藤春香さんの告発を契機に、「#MeToo」が広がりを見せつつあります。

・政治アイドルとして活動している町田彩佳さんが電通での就職面接の際に面接官からセクハラ被害に受けたことを公言。

・女子高生社長として有名になった椎木里香さんが、取引先からの性的要求を断ったら仕事が無くなったことや、アルコールにレイプドラッグを混入された可能性があると公言。

・演出家の市原幹也氏が「#MeToo」による被害女性からの告発を受け、立場を利用して女性に性的な関係をせまるなどのセクハラ行為に及んだことを認め、謝罪。


また、「#MeToo」に先立って2017年5月に自身のセクハラ被害を告発した伊藤詩織さんの存在も、ハラスメント被害に対する世間の問題意識を喚起させた大きな一因になっていることを忘れてはいけません。

日本での「#MeToo」はこれからもっと大きな広がりを見せていくことが期待できます。

「#MeToo」に対する批判的な意見


「#MeToo」で声を上げたハラスメント被害者に対しては、多くの同情的な意見が寄せられています。

しかし、残念ながら批判的な意見も多数寄せられています。

「被害者にも責任がある」

「事実なら証拠を出せ。SNSで発表していないで警察に行け」

「どうせお前が誘惑したんだろ?ハニートラップじゃないか」


このような被害者の人格を傷つけるコメントや、被害者の過去の無関係な発言をほじくり返して責め立てるコメント、会見での服装に目をつけてバッシングを浴びせるなどの被害者叩きを行う人たちが出てきているのです。

なによりも驚きなのは、被害者叩きを行っているのが、必ずしも男性のみではないということ。

本来味方であるべき女性も多数、積極的に被害者叩きに参加しているのです。

「私たちはそのくらいのこと我慢してきた」

そんな思いが、彼女たちをバッシングに駆り立てているのでしょうか。

悪いのは「ハラスメント」という行為そのものであって、勇気を出して声を上げてくれた彼女たちではないのに…。

改めて、日本の悪しき慣習の根強さを感じさせられます。

60秒の簡単無料登録で天職が見つかる!

スポンサード リンク


まとめ


私には5つ年の離れた姉がいます。

姉は、長年、不妊治療を行ってきました。

努力がなかなか報われず、子宝を授かるのを祈る日々が続いていました。

姉が母方の実家に出向くたびに

「まだ子ができんのか?」

「どっちの体が悪いんか?」


と親戚中からまくしたてられ、涙をこらえながら耐えていたと言います。

田舎で農業を営んでいる彼らには、決して悪気があったわけではなく、不妊治療に対する知識や情報が乏しいために配慮に欠けた言動を無自覚に行ってしまうのです。

もし、彼らがセクハラ問題や不妊治療に対しての教育を受け、理解をすることができていれば、きっとこのような配慮に欠けた言動はしなかったはずです。

教育はとても大事です。そして、教育に取り組んでいくためにはこれまでの社会の文化や慣習を見直していく必要があります。

お互いを傷つけ合うのではなく、手と手を取り合って社会を変えていきましょうよ。

「セクハラ・パワハラなんて当たり前」

そんな社会ではなく

「セクハラ・パワハラなんて許されない」

それが当たり前と言える社会をみんなで目指していきたいです。

それでは今日はこの辺で。
柳 双葉でした。



twitterでもサラリーマン応援中!
https://twitter.com/futabayanagi

このエントリーをはてなブックマークに追加

ハラスメント #METOO セクハラ パワハラ 時事 サラリーマン ニュース はあちゅう

Comment

Add your comment